■返信率を上げるコツ

出会い系にせっかく会員登録したのに全く返事が来ないという悩みを抱えている男性は非常に多いです。

男性も女性もお互いに出会いを求めているのに、なぜこんなに情熱に差が生じてしまうのでしょうか。

男性から来るメールに返信できないのではなく、返信したくてもできないというのが正しいです。

その実情を知らずに女性にメッセージを送ってもほとんど返信してもらえず、イライラがたまる一方です。

ここでは、女性が男性に返信できない理由と、返信してもらいやすくなるコツを徹底的に解説していきたいと思います。

例えば、私の知人女性の話ですが、有名出会い系サイトにプロフィールを掲載したら、その日のうちに数十通もメールが来たそうです。

さすがに多すぎるメールがきたとおもって、プロフィールの写真を外しても、出会い系サイトにログインすると、ログインした女性の一覧表示から見つけてきた男性がメッセージを送ってくるそうです。

出会い系サイトでは女性は貴重な存在として男性からお誘いがたくさんきます。

もしあなたが女性だったとして、毎日50通以上も送られてくるメールに返信できるでしょうか。

一通当たりのメールを数分で終わらせたとしても2時間以上かかるのですが、これを好きでもない初対面の男性相手にやるでしょうか。

自分が女性だったら自分の好きな人に自分の熱意を伝えるとおもいます。

以上のことから、女性がなぜ男性に返信できないかと言うことがおわかりいただけたかと思います。

女性が男性から送られてくるメールの多さに返信させる気力も時間もなくさせてしまっているということです。

なので、出会い系において女性から返信してもらえる確率を上げるには、まずは女性の目にとまる必要があります。

■返信率の高いファーストメールとは

出会い系サイトにおける女性の環境がわかれば、適当に何通も送ろうとは思いませんよね。

では具体的にどういう内容を書けば女性からの返信率が上がるのでしょうか。

●自己紹介する

ありきたりですが、まず初対面の人には挨拶がないと人としての人間性を疑われてしまったりもしますので、ファーストメールでは必ず自己紹介と挨拶しましょう。

好印象を持ってもらうには、自分の名前を本名で伝えると言うことがあります。

相手に本名を伝えることにより、相手に信用感を持ってもらえますし、同時に好感度ももってもらうこともできます。

さらに、名前を知ってもらうことにより、呼び捨てで呼び合ったりすることにより、よりいっそう仲良くなりやすくなるツールとして機能してくれます。

なので、先に自分の名前を伝えておくことにより、自分のことは○○ってよんでねっていうかんじで、話題にもできます。

●なぜその女性にメールを送ったのか

出会い系サイトを始めたばかりの人は、プロフィールを閲覧していて、気になった人に、プロフィールが気になりました!なんてありきたりなメールを送ってしまいがちです。

プロフィールの具体的にどこが気になって何を思ったのかをファーストメールに書くことで、相手の心に響いて、好印象を持ってもらうことができます。

まずは相手の女性の自己紹介から、なぜ気になったのかを具体的に書くようにしましょう。

趣味や職業などが鉄板ネタですが、逆に言えば、他のライバルもその話題をネタにする可能性が高くなります。

なので、ここでは拾える限り相手の情報を拾って、なにが相手の心に響くのかを書くようにしましょう。

もしプロフィール覧から話のネタを見つけることができなかったら、相手のプロフィール画像などもアイデアのヒントになります。

相手の肌が綺麗だとか、目鼻立ちが整っているだとか、ファッションセンスがいいだとか、活字だからこそいえるようなことを言ってあげれば、すごく喜んでもらえます。

もし自己紹介覧などから相手の心に響きそうなネタを拾えなかったら、画像を見たときにびびびっときた!なんていってあげるのもとても重要です。

●最後の一行が返信率を上げる

以外と皆さん適当に終わらしてしまっているのが最後の締めの一行です。

よかったら友達になってくださいとか、ありきたりなよくある言葉で締めてしまっている人が多いのですが、これでは他の人と差別化できずに埋もれてしまって返信率があがりません。

こういった最後の一行で、相手の返信率をあげるためには、相手が返信したくなるような質問系で終わらせることが大切です。

女性側からしたら、メールはとくに目にとまるものもないし、でもなんか適当な文章だし、とくに自分の時間を割いてまで返信しようという気にはなりません。

また人間というのはあまり他人に興味がなく、自分がどれだけ褒めてもらえるかに意識が集中しています。

なので、ものすごい凝った文章を送ることによって、相手に自分の真剣さや、どれだけあなたのことを思っているかを感じてもらえます。

こういう風に相手の心に響くような心理テクニックを使うことにより、ファーストメールを返信してもらいやすくなります。

●ファーストメールは簡潔に

出会い系サイトのテクニックとしてファーストメールはなるべく長めの文章で相手のことを褒めるみたいなことが書いてありますが、それは間違ったテクニックだといえるでしょう。

長文メールに返信してくれるかどうかでふるい落とすことができますが、そもそも母数を増やす必要があるので、あまりいいテクニックとはいえません。

長文メールに返信してくれる女性よりも、スルーされる女性の方が多いでしょう。

それにたくさんの女性にメールを送るときに全員にこれだけの長文のメールを送っていたら、時間がいくら合っても足りません。

そういうことも考えて、ファーストメールの文章は10行程度に抑えておくのが大切です。

■出会い系サイトのメールテクニック

ファーストメールのテクニックと併せて、出会い系でのテクニックには以下のようなものがあるので参考にしてみてください。

どれも言われてみれば当たり前のことを書いていますが、その当たり前のことをごく自然に実践できる人が出会いの確立をあげることができます。

なので、ここで他のライバルたちを出し抜くためにいろいろなテクニックを身につけていってください。

●丁寧な言葉遣いをする

丁寧な文章と言っても、ものすごく丁寧すぎるのもお客様と店員みたいな関係になってしまうのであまり丁寧になりすぎないようにしましょう。

今のこの記事内容くらいの口調で十分です。

もちろん、ずっと最初っから最後まで丁寧な言葉を使う必要はありませんが、徐々に打ち解けるような言葉遣いになっていけば、とてもいい流れだといえるでしょう。

そもそもありきたりな丁寧な言葉遣いすらままならないような人は、相手にもしてもらえない可能性がありますから、言葉遣いというのはとても重要です。

ですので、少なくともお互いの距離感が固まるまでは、丁寧な言葉使いを忘れないようにすることにより、社会常識のある人だなと思ってもらい、好感を持ってもらいやすくなるでしょう。

●コピーはしない

ファーストメールからやってはいけないことは、コピペメールを送ることです。

すべての人に当てはまるような文章を書いても、個人に響くような文章になってないので、返信されずそもそも意味がありません。

ありきたりな内容で機械的な内容は何となく相手に伝わってしまうので、返信率が下がってしまうのです。

少しでもコピペメールだと思われたらその女性から返信が来る可能性は少ないでしょう。

せっかくメールの文章を打ち込むのならきちんと相手の心に響いて返事がもらえるようなメールを送りましょう。

●相手の名前を書く

相手の名前を呼ぶことで自分に対して親近感を感じてもらえるようになります。最初の3通くらいは相手の名前を出して距離を縮めるようにしましょう。

ですが、あまり相手の名前を出しすぎると狙っている感が出てしまうので、あくまでも自然な感じで名前を呼ぶようにしましょう。

●相手の興味を聞く

出会い系サイトだけの話ではなく、日常生活全般にいえることですが、上手な質問をすることによって相手に気持ちよくいろんなことを話してもらえます。

そのために相手の興味がありそうな質問を探す必要があるのですが、相手がどういうことに反応するかというのをみる必要があります。

例えば以下の質問はだめな例ですが何がだめかわかりますか。○○さんはイタリアン好きですか?

こちらの想定でいえば、この質問のあとに相手からパスタが好きです、という答えを引き出して今度いきましょうという流れを想定していると思います。

この会話は、機械的で感情があまりはいらないので、あまり面白い内容ではないですよね。

女性側からしたら、このパターンで食事の誘いを受けたことなんて過去に何十回も会ったと思うので、何もおもしろみがないのです。

いい質問形式というのは、自分の体験談を織り交ぜながら質問をしていくと言うことです。

●送信時間を一定にする

2,3通目のメールからは文章量や時間などは相手に合わせることにより、よりいっそう仲良くなることができます。

例えば、相手が2,3行のメールだったら、自分も2,3行くらいのメールの文章量で返信することがテクニックです。

他にも、相手の返信ペースをみるというのもテクニックの一つです。相手が返信が早い人だったらすぐに返信して、遅い人だったら一呼吸置くくらいがいいでしょう。

ですがデメリットとして相手の感覚に合わせすぎると、違和感をもたれてしまうので、少しずらしたりすることもテクニックの一つです。

●楽しい雰囲気の時にやりとりをやめる

お互いのエネルギーがつきるまでメールをやりとりする人がいますが、これはあまりよろしいことではありません。

なぜなら一番楽しいところはピークが過ぎてしまったので、次にメールするモチベーションがなくなってしまうからですね。

最初はすごく楽しかったけどなんか飽きてきちゃったと思われてしまったら、次のメールにつながりにくくなってしまいます。

マンネリ化を避けるためには、お互いが楽しいと感じているときにあえてメールを途切れるようにしましょう。

明日仕事で朝早いからとかもっともな理由を付けておけば、簡単にメールを中断することができます。

●サイトを経由せずに個人同士でやりとりをする

出会い系サイト内でのメールは短時間で終わらせて、プライベートなメルアドでやりとりすることがテクニックです。

男性がやりとりに対して料金を負担していることを女性も知っているので、個人的なメールアドレスに移行することを了承してくれやすいと思います。

なので、この人とだったら仲を深めてもいいと思ってくれたら、直アドの交換もしてくれるでしょう。

5通10通とやりとりを重ねていても、プライベートなアドレスに移そうといわないということは、女性からしたらあまり自分のことをすいてくれていないという判断をされてしまうでしょう。

女性からしたら、出会い系サイトを使うときには常に不安がつきまとっていると思います。どういう男性か対面して話すことができないわけですから。

徐々に仲良くなれたら合ってもいいけど、すぐに会おうとしてくる男性はあまり好印象じゃないというのが実情でS。

なので、焦らずに少しずつ女性との距離感を縮めていくことが大切です。

以上のことを踏まえて女性とのメールをするだけでかなり女性に好印象を持ってもらいやすいです。

しかし、そこから返信率の高い女性だけに絞ることができれば、男性が送ったメールの返信率は高くなるでしょう。

●女子大学生

女子大生と主婦はいろいろな理由でメールの返信率が高いのですが、以下のような理由によります。

女子大生の返信率が高い理由は、まだ若いので好奇心が旺盛で、何もかも新鮮に思えてしまうからです。

また、若い人は嫌な人間だと思われることを極端に嫌う傾向があるので、いい人間でいようとするため返信率が高いのです。

さらに主婦ですが、女性というのはいくつになっても男性からの視線をもらいたいと思っています。

ですが、旦那をもったり家庭に入ってしまうと、女性としてみられる機会が極端に減ってしまうので、すこしでも異性としてみてくれる男性に出会うととても嬉しいのでしょうね。

そもそも既婚者である主婦が出会い系サイトに登録している時点でそういう欲求があると言うことなので、主婦はとくに穴場だといえるでしょう。

●夜遅くにログインしている女性

朝7時くらいから夕方の5時まで仕事をするという一般的な人間の生活の中で21時以降というのはとてもプライベートな時間帯だといえるでしょう。

好きな映画などを見たり、資格取得に向けた勉強をしたりといった、個人の余暇の時間帯です。

そんな仕事がせっかく終わって一日の最も大切な時間だといえる余暇の時間帯に、出会い系サイトにログインしている女性というのはどういう存在でしょうか。

もちろんそれぞれ個人的な理由があると思いますがが、唯一共通しているのは、真剣な出会いにしても、エッチな出会いを求めているにしても、男性との交流を求めている女性ということがいえるでしょう。

そういう真剣に出会い系サイトを使ってくれている女性に対して、真剣なメールを送れば簡単に返信してくれるでしょう。

また人間としての本能として、夜の行動は本能的なものになるという心理学的なノウハウがあります。

太陽がでていて、光がさんさんと輝いているときは理性がブレーキをかけてしまい安いですが、夜であれば、人間の本能的な部分が出てきやすいという側面があります。

上記のようなことから夜遅い時間帯は男女のゴールデンタイムといっても過言ではありませ園。

●あなたとの共通点

付いている職業が同じ業種だったり、出身地が同じだったりすると相手の返信率が高くなります。

そこに住んでいた人にしかわからないようなcmなどの話は特に盛り上がりやすいですので、そういった地域の話をして盛り上がりましょう。

そして、それは出会い系のやりとりでも重要なテクニックなので、あなたと女性との間に共通点を見つけたら、このテクニックを使うチャンスです。

●相手を思い通りに操るテクニック

出会い系サイトでのやりとりに限らず、自分の思い通りに相手の会話を誘導できたらとても使えるテクニックだと思いませんか。

ですが、もしそれが簡単なテクニックですぐに実践できるテクニックだったら、あなたもすぐに実践したくなると思います。

相手の会話を誘導するテクニックのコツは、相手の会話のすべてに返しのパターンを準備しておくことです。

例えばメールの中で相手の名前を聞いたときに、相手がすぐに教えてくれるときと、不信感を抱いて教えてくれないときがあります。

このとき素直に教えてくれなかったからといって、テンパってしまったりすると、せっかく構築した関係が崩れてしまいかねません。

ですが、相手がどういう返信をしてくるかをすべて想定しておくことにより、どんな返事が返ってきても優雅に返信することができます。

そうすれば相手がどのような反応をしたとしても、最終的にあなたが導きたいポイントまで持ってくることができるはずです。

実はこの手法は営業マンなどはよく使っている手法で、誰にでもすぐにマスターできます。

●相手と仲良くなりたいという気持ち

上記までいろいろな男女の恋愛に関するテクニックを紹介してきましたが、あなたが身につけたいテクニックを身につけることができたでしょうか。

ですが、出会い系で返信がもらいやすいノウハウというのは、テクニックではなく純粋に「あなたのことが好き」という情熱だと思います。

なぜかというと、女性とのやりとりというのは、型にはめてパターン化してどうにかしようとしてうまくいくものではないからです。

自分でもよくわからないのですが、相手と仲良くなりたいという思いがあれば、自然と相手に伝わって、うまくいくようになります。

ある程度やりとりが進んで、個人アドレスでやりとりをするようになったときは、自分よがりなメールにしないことです。

直接のアドレスでやりとりをするようになったからといって、傲慢になって自信過剰なメールの文章をおくると嫌われてしまいがちですから、注意しましょう。

返信率の高いメールの書き方などは確かに存在しますが、理論ばかりを気にしていると、人間的な大切な部分がおろそかになりがちですから、謙虚な姿勢を貫きましょう。

出会い系で女性とつながりやすくなるコツはこの人と仲良くなりたいという本能から出てくる好意です。

だからこそ出会ったときに楽しいひとときを過ごせると思いますし、幸せなカップルになれると思います。